喪服 正装と略装=正喪服 準喪服 略喪服

喪服は格式によって、3段階に区別されます。
招く側か招かれる側か、告別式か法要かなどにより、必要とされる格式は変わります。

◆正喪服

お葬式で喪主や無くなった方に近い親族の人が着る、最も格式の高い喪服。

和装
sei_mofuku.jpg

最近では、喪主と、ごく近親の親族のみになってきた和装ですが、女性では染め抜きの五つ紋の黒無地の着物に、黒い帯、帯揚げ、帯締めも黒、草履も布製の黒で、襦袢、半襟、足袋は白。

男性では、羽織・袴で五つ紋の長着。袴は仙台平。袴のヒモと羽織紐の結び方、持ち物が扇子でなく数珠となること、草履の鼻緒が地味になることなどが慶事と弔事で変わる点です。

紋の種類は女性は実家の家紋を付けるという地域もあり、細部は地域差も大きいので親戚の年配の方に確認するのがいちばんかと思います。

sei_mofuku2.jpg

洋装
女性は襟の詰まった、シンプルなデザインのアンサンブル、スーツ、ワンピース。夏でも肘の出ない袖丈のもの。
スカートは膝下からくるぶしまで。肌の露出は最小限におさえて、透ける生地や光沢のある生地も避けます。

スーツの時のブラウスも、黒いものを。白や色柄のあるものはいけません。

喪主の男性は、モーニングが正式。
ワイシャツは白ですが、ベストは黒、ネクタイ、靴下、靴も黒です。

jun_mofuku.jpg◆準喪服

お通夜や告別式、一周忌までの法要で喪主、親族、一般の参列者などが着る正喪服に準ずる格式の喪服です。
袖丈が5分丈から長袖、裾丈が膝下からふくらはぎまでと、正喪服よりも若干自由度が高くなります。
派手にならない程度の部分的な装飾で、光沢のある生地が使われていても良いでしょう。

靴下も、黒が無難ですが、告別式を除いては肌色でも良いでしょう。
柄のある物や、アミタイツなどは避けましょう。

◆略喪服

急な弔問、お通夜、三回忌以降の法要で一般の参列者が着る、準喪服に準ずる喪服です。
黒の他に紺やグレー、小柄なら水玉やストライプ、チェックでも可。

靴も、基本的には黒ですが紺やグレーなどで、飾りの少ない靴であれば大丈夫です。

students.jpg
◆子供の喪服

制服のある学生は、制服が喪服になります。

制服のない学校に通っている場合や、制服の色・柄が派手な場合、児童の場合は、女子は黒、紺、グレーなどのブレザーとスカート、白のブラウス。

男子は同じく黒、紺、グレーなどのブレザーとズボンでシャツは白。男女とも靴下は白か黒で、靴は、絵や金具の付いていない大人しい靴を選びます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。